Days with Lovely dogs

アクセスカウンタ

zoom RSS 発達障害

<<   作成日時 : 2006/08/24 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

二男が県特殊教育センターで,発達検査を受けるのが今月30日。
始業式に先立って,配慮してほい事は担任に,現在の本人の様子はセンターの担当指導主事の先生に,それぞれ電話で話をした。

二男の障害は検査後にはっきりするが,いろいろな文献を読みあさると,二男はアスペルガー症候群ではないかと思ってしまっている。大きなくくりでの自閉症は原因不明の脳の機能障害だとのこと。

今になって心に引っ掛かっているのは,出産時のことだ。

当日は看護学生が,経産婦である私の出産介助を担当した。もちろん指導的立場の助産師もいたが,実習の名の下に,全ては学生の手にゆだねられていた。内診したって子宮口が何p開いているのかも,分娩監視装置の取り付け方も分からないでいた。
いざ分娩台に上がっても,指導者は内診するでもなく学生が「全開です」と言った言葉を鵜呑みにし「息んで」の指示が出たので,私は陣痛の波に会わせて必死に息んだ。しかし2回3回と息んでも赤ちゃんが降りて来る様子が無く,変だと感じていた時に呑気にドクターが現れ,私を見た瞬間「全開じゃないよ」
それを聞いた指導者が子宮口を無理矢理に開き(激痛で死にそうだった・・・),その後は1回息んだだけで二男が誕生した。

つまり,二男は子宮口が全開していないのに母親が息んだため,頭を強力な力で何度も子宮口に押しつけられていたのだ。

赤ちゃんの柔らかい頭が,無理矢理押し出されようと圧迫されたらどうなるか・・・。
関係があるかどうかは分からないが,二男はその後,吐き気とチアノーゼが出て,しばらく授乳ができなかった。今にして思えば,当時の二男の状況を誰も詳しく教えてくれなかったな・・・。カルテの開示請求しようかな。。。等と考える今日この頃である。


ちなみに,かの指導者の助産師。出産直後に尿意を催した私に,自分で立ってトイレに行けと言った,とんでもないヤツだ。長男の時の助産師さんは導尿してくれたのに。フラフラしながらトイレに行き,初めての出産がこの人の介助だったら2人目を産もうなんて考えなかっただろうなと思っていた。

まぁ原因が出産時のトラブルとは言えないけれど,かなり心に引っかかっている事は確かなのである。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
う〜ん、難しい問題だね・・・
パパの甥っ子に自閉の子がいるんだよ。
その子は、知能、こだわりと明らかな障害がありで。でも、自閉の子は、外見的には普通だったりするから、社会の中で理解されにくいと義姉さんは、言っていた。でも、今はパン屋さんで楽しく頑張っているよ。
次男君は、どちらにしてもナイーブな子には、違いない訳だし、イイ環境で学校生活させたいよね。
どうしたって親としたら、考えすぎちゃうけどね・・・

出産時の・・・・
って関係はともかく、酷い話ジャン!
大きい病院で出産したの?
点滴なんかでも、まだ経験の浅い?って感じの人にやられるだけで、やめて〜なのに出産時なんて、ちゃんと指導者が付いいるなら、しっかり確認しろーだよ(ーー;)
papymama
2006/08/26 09:00
papymamaちゃん,心配してくれてありがとう。

二男は,それこそ見た目普通だから,今までも担任にいろいろお願いしても「大丈夫ですよ〜〜」って言われて終わりだったのね。本人も大きくなって自覚してきたみたいで,新しい場所で緊張したり,予想外のことにどうしていいか分からなくなるのが辛いって言うのね。

でも,今回の不登校事件は,ある意味良かったなっていうか,良い先生とカウンセラーさんのおかげで,はっきりと指摘された助かったわ。あとは二男が将来困らないように応援していくつもりだよ!!

ね〜〜あの助産師ひどいでしょ〜?一応総合病院なんだけどね。これからのこともあるから,来週カルテの開示請求に行って来るわ!
アップルミント
2006/08/26 11:07
こんにちは
このての話はお任せください。
いつでも経験談言いますからね。
今となっては出産時のことは仕方がないわけで、多分それが原因ではないと思うけど、もしそうならもっと重度かもしれないです。
過去を振り返らず、これからのことを考えよう!!
日々を楽しく過ごせたらそれが一番かなあと思えるようになりました。
心配はつきませんが心配しても仕方がないのも事実です。
親は心を見せず、どっしり構えているのがいいと思います。
後になって思うこと、その時は必死でした。(笑)
ロンロン
2006/08/26 17:07
二男君のこと、アップルミントさんの疑問もハッキリさせるいい機会かもしれませんね。
それで得られた答えがたとえ良くないものでも、後はロンロンさんの言うよに、そこからは「これからのことを考える」ことが大切だと思います。気になることって、何しても気になっちゃうんですよね^^;
とは言ってもやっぱ難しいですよね!
 こちらの子は検査の結果「統合失調(精神分裂症)」ということで医師より業務を続けることは困難と判断され、自宅療養になりました。しかし本人はしょうがないにしろ親もまだ軽く考えている節があり、このままだと復帰は難しそうです。
いつまつ
2006/08/28 01:05
ロンロンさん,いつもありがとうございます。

そうですね〜振り返っても仕方ないですよね。本当に大事なのはこれからな訳で。。。

こんな時,男親はさっぱりアテになりませんね。分かった振りして分かってないし,挙げ句に果てに「軽度でしょ?」なんて簡単に言う始末。大喧嘩して凹んでます。

あさってまでには冷静になって,検査を受けに行きたいと思います。
また相談に乗ってくださいね。
アップルミント
2006/08/28 12:45
いつまつさん,例の同僚さん,お休みに入ったんですね。まぁ周りは安心してお仕事ができる環境になって良かったですよね。

二男のことは,私の仕事復帰が近づいてきたこともあって,不安の方が大きくて。。。
今は↑にも書いたように凹んでいるので,ダメダメな私です(泣)
アップルミント
2006/08/28 12:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
発達障害 Days with Lovely dogs/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる