Days with Lovely dogs

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分は恵まれているんだな〜。。。

<<   作成日時 : 2008/06/11 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

身近に,自閉症の中学3年生の男の子がいます。
まだ4月に出会ったばかりで,個人的な会話はほとんど成立しません。
でも,たまに挨拶を交わしたり目があったりすると,なぜか嬉しいオバチャンです。

地元に住むシニアの男性が彼を見て言いました。
「爺さんもお父さんも立派な人なのに,何で”あんなの”が生まれてきたんだか・・・」と。

悲しかった。。。本当に悲しかった。
障害がある子は多くの人にとっては「あんなの」扱いなんだなって。。。
一生懸命生きてるのに。。。
親だって苦しんでるのに。。。

私は,たまたま多くの障害に対して理解がある職場にいます。
息子の調子が悪くて遅刻や早退をしても,
「今が大事なんだから息子さんと向き合って」と励ましてもらえる,幸せな環境にいます。

でも・・・世間のほとんどの目は↑の男性と同じなんだよなって。。。

分かっていても,実際に耳に入ってしまうと,どうしようもなく悲しくて辛い。

いくら困ってる人を支援しようよっていう法律ができたって,そんなの関係なく生きている人が大多数の世間の目は冷たいよね。


ネガティブになっちゃったアップルの愚痴でした




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
自分は恵まれているんだな〜。。。 Days with Lovely dogs/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる