Days with Lovely dogs

アクセスカウンタ

zoom RSS 糸が切れた凧

<<   作成日時 : 2009/06/25 21:25   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

かなり・・・あきらめモ−ドです。

今月初旬の特別支援教育センターでの教育相談は,主に学校側にどのように動いて(支援体制を作る)もらうかの作戦会議(?)でした。担当の先生はとても心配してくださり,「私はいつでも学校に出向きますので」と話してくださいました。
学校側の都合で,翌週にその時の内容について話に行って来ました。
自閉症を理解し,二男が抱える困難を知り,有効な手立てを知るために,とにかく早くセンターの要請訪問を申請してほしいと念を押してきました。
教頭先生からは「私たちも勉強させていただきます。」と前向きなお返事をいただきました。

まぁ今までの事もあるので,あまり期待はしていませんでした。
案の定,夫が二男の欠席の電話連絡をした時に,教頭先生から「校長と相談した結果,夏休みにセンターの先生に来ていただこうかと考えている。」と言われたそうです。

やっぱりね。。。

しかも「あぁそうですか」と引き下がった夫も夫です。バカかおまえは。
何のための「要請訪問」なのか?本人が教室にいない所に先生が来たって意味ないじゃん。
みんながみんな,一体何を考えているのか?もう理解不能。
そうこうしている間にも,二男は学校に行きづらくなり,欠席と早退を繰り返しています。
それでも学校の先生は困ってない。。。
全てを投げ出して,二男にも「あんな学校なんか行く事ないよ」と言いたい衝動に駆られています。

悔しくて悔しくて仕方ありません。
センターの先生をはじめ,お世話になっている方々に話をすると,どう良い方に解釈しようとしても学校側は「自閉症スペクトラム」について全くと言っていいほど理解していないし,対応はおかしいとおっしゃいます。(私が悩んで話をするので,もしかして???と思っても何も言わずに寄り添ってくださっているのかもしれないけど)
なのに,学校の管理職も誰もそのことに気付かず,しかも欠席・早退が増えてきて辛い思いをしている本人も親も置き去りにし,のんびりと悠長に「今までどおり」を通したがっている。

もう嫌です。もうたくさんです。あんな学校なくていいです。
今日は今までで一番凹みました。分からず屋の学校を相手に,なんとか前に進もうと頑張っていた緊張の糸が切れてしまいそうです。

怒りで震えと涙がとまらず,友達に愚痴メール。まだ糸を切らせてはいけないのだとメッセージをくれました。

ありがとね。でも・・・疲れたよ。。。

夫は「もう一度,学校にお願いしに行こう」と言います。
でも,特別支援は「お願いされて」することでしょうか?
現実問題はさておき,「しなければいけない」事ではないのでしょうか?
今の私には,学校に行く気力はありません。
夫に言いました。
学校に行くのなら,サポートブックと心理検査のプロフィールを回収してきてほしいと。
もう・・・もうたくさんです。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
くやしい!クヤシイ!口惜しい!!悔しくて腹がたつ!!!悲しくてやりきれない。ママじゃなくてもいい。パパに伝えてもらおう。思いを。
Tママ
2009/06/26 12:38
切れても、泣いてもいい。
感情は吐き出して。我慢しては苦しくなるだけ。体にもよくないし・・・。
怒って泣いて、放棄して・・・。

元気になったら、一緒にまた進んでいこう(^−^)
本郷
2009/06/27 19:17
Tママさん
心配かけてゴメンネ。
なんかね・・・「こんな事保護者に言われる事なの?」っていう事が多すぎます。
それだけ「育て甲斐」はあるんだろうけど,あまりにも意識が低すぎて,「ふざけてんじゃねーよ」って叫びたくなります。
でも・・・息子は頑張って通学しているから,あきらめる訳にはいかないよね。頑張るよワタシ
アップルミント
2009/06/27 21:40
本郷ちゃん
ありがとね。
つくづく,自分は壁にぶち当たった時に,助けてくれる友達がいて幸せなんだなぁと思います。
そして,「できる」ことが増えている二男を褒めてくれる方がいることも,私の力になっています。
学校側の理解が浅いことはマイナス要因だけれど,私が臨むのは息子の「安心」と「安全」です。子供を育てるのが仕事の先生達が,同じ方向を見てくださると信じて,また頑張りますよ
あ・・・を飲む量は減ってないから安心してね〜
アップルミント
2009/06/27 21:48
お願いすることは謝ることではないので、お願いする時に、「すみません」と頭を下げることは僕は苦手です。
でも「ありがとうございます」と頭を下げるのは苦になりません。
お願いする時にその結果「ありがとう」と言えるような頼み方をいつもできたなら、もっと生きやすくなるのだろうなと思います。

自分も他人も完璧ではないから、凹むこともあるし、悔しい思いもすることもあるけど、どこかに解決への道はあるはずだと思うことにしています。
>夫は「もう一度,学校にお願いしに行こう」と言います。
詳しい状況が読みとれない部分はあるのですが、たぶん僕も同じことを言います。
そして先生方が同じ方向(子どもの幸せのために具体的な対応策を検討する)を見てくれることを僕も信じたいと思います。
タオタオパパ
2009/06/29 20:36
タオタオパパさん
ありがとうございます。
あれから毎日毎日ゆれています。今までの3ヶ月間,学校に出向く度にひどく落ち込むことが続いてきたので,私自身が臆病になっているのかも知れません。
もう1歩頑張って踏み出そうかと思ってみたり,このまま登校できなくなっても仕方ないよと思ってみたり,とっても苦しいです。
たしかに伝えきれていない部分はあるのだと思います。でも,それにしても・・・と悲しくなるのです。
涙が出なくなったら,きっと,学校に行かなければという思いに駆られると思います。
ちょっとだけ充電します。
アップルミント
2009/06/29 21:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
糸が切れた凧 Days with Lovely dogs/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる