Days with Lovely dogs

アクセスカウンタ

zoom RSS 自閉症のこと

<<   作成日時 : 2010/01/06 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

昨日から,自閉症に関する研究成果が話題になっています。


手や足や目や耳が不自由な方と同じように


脳の神経細胞の「障害」と世間が認知してくれたら


「自閉症の自分でもいけてる」と我が子が思ってくれたら


今より生きやすくなるでしょうか?


「躾が悪いからでしょ」と


世間や身内から傷つけられてきた家族が


自閉症のままで良いのだと心から思える日が来るでしょうか。


今まで「自分も自閉症スペクトラムかもしれない」と思いつつ


誰にも相談できず,自尊感情が低いまま大人になった方達が


誰でもカミングアウトできる日がくるでしょうか。




目に見えない障害だから・・・・・・・

頑張っても頑張っても,どうしてもできない事が

「怠け」や「心が弱い」と一括りにされがちだから・・・


少数派が多数派の中で生きやすくなればいいな。。。


そんな思いを抱いた母でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
全く同感です。
部外者の私ですが本当にそう思います!
笹ちゃん
2010/01/06 22:56
心にずしんと言葉が響きます。
カミングアウトしたほうが生きやすくなるのか、差別の眼差しで見られるようになるのか…。
そして、きっと本人のほうが大変なことが多いのでしょうが、親である私は私なりに、つらくてたまらない。とても疲れてしまいました。
雨のち涙
2010/01/07 15:28
笹ちゃんさん

お久しぶりです。
部外者なんて,どんでもないですよ!!
お仕事を通じて「頑張っているのに,できない」方に目くじらを立てるのではなく,「知りたい」とメンターを受講された笹ちゃんさんを尊敬しています。
こうして寄り添っていただけていること,とっても有り難いです。
今年もよろしくお願いします
アップルミント
2010/01/07 20:33
雨のち涙さん

本人への告知も,カミングアウトも,今はとっても頭の痛い問題です。
集団生活に適応できない我が子を見るたび,漆黒の闇に突き落とされていますが,3年前に不登校になって,その最中に診断されて,家の中もゴタゴタしていた時に友達が贈ってくれた言葉があります。
「夜明け前の空が一番暗い」
・・・あとは明るくなるだけなんですよね。
地球の当たり前の営みと同じく,人間も夜明けと日没を繰り返しているのだと思います。
「子供はこうあるべき」という気負いから自分を解放すると,ちょっと楽になるかもしれません。
私は意識して,そう思うようにしています。
お互い,我が子の幸せのために,頑張りすぎず頑張りましょう
アップルミント
2010/01/07 20:44
脳の画像までニュースになってましたね〜。私達も見えるようにしてもらうと、受け入れやすいってことでしょうか?
>「子供はこうあるべき」という気負いから自分を解放すると,ちょっと楽になるかもしれません。

・・・本当ですね。みんな違っていいじゃな〜い♪ってなる日を信じて。。。
☆本郷☆
URL
2010/01/07 23:05
本郷ちゃん

なんかね〜,画像見て「ヘェ〜そうなんだ」って思ったけど,我が子も・・・と思うと,ちょっと悲しくなったりしてね。。。
んだんだ!!「みんな違ってみんないいじゃなぁ〜い」って笑って言えるようになると良いね
アップルミント
2010/01/08 22:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
自閉症のこと Days with Lovely dogs/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる