Days with Lovely dogs

アクセスカウンタ

zoom RSS ご無沙汰しておりますm(__)m

<<   作成日時 : 2010/12/22 01:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8


前回の日記から早2ヶ月。。。

心配してメールをくれた方もいて・・・すみませんでした。




書きたいことは,いろいろあれど・・・

いろいろあったんですねぇ(苦笑)




なので,一番書きたいことから書きます




今月19日に,私は43歳1ヶ月と5日を迎えました。

この日は,私にとっては特別な日です。

なぜなら,父が27年前に今の私と同じ年で亡くなったからです。




40歳を過ぎた頃から,父の生きた年齢を意識するようになりました。

43歳を生き抜く。それが第一の目標でした。

あと1ヶ月で父の年齢を抜くなぁと思っていた矢先の10月7日,

私は膀胱癌のため,手術台の上にいました。




10月1日に受けた人間ドックのエコー検査で発見され

すぐさま泌尿器科に回されて,内視鏡検査。

モニターには小さな異物(?)が映し出されていました。



先生からは,

・これは腫瘍であること。

・手術で切除する必要があること。

・良性か悪性かは病理検査をしないと分からないこと。

・悪性の場合は「癌」であること。


以上の事を,とても丁寧に説明してくださいました。


その病院は家から遠いため,近くの病院を紹介しましょうと言われ

3月に膝の手術を受けた病院の泌尿器科が

先進医療を取り入れているのを思い出し

そちらに紹介状を書いていただきました。



10月4日に,紹介状を携えて病院へ。

先生からは前の病院と同じく,丁寧に説明を受けました。

そして,たまたま先生の予定が空いていたため

急遽,6日に入院し7日に手術となったのでございます。

手術は「経尿道的腫瘍切除術」

全身麻酔も2回目で,しかも同じ病院となると余裕の心持ち。

痛いだろうなぁと心配していた腰痛麻酔も無痛で終了。

あとは目が覚めたら,全てが終わっていました。

全身麻酔時間は35分。

手術時間は11分。

回復室に戻る前にハナクソみたいな腫瘍を見せてもらいました。


麻酔の副作用が無い私は,すでに元気。

夕食は止めていますと看護師さんに言われ,ひどく落胆。。。

あまりの落ち込みように気の毒がられたようで

特別に全粥の夕食を出してもらえました。ラッキー


そして,手術の翌々日に退院。

仕事は1週間ほど休ませていただき

お寺に病気平癒の祈願に行ったり

温泉に行ったりと,のんびり過ごしておりました。

その後,倦怠感や膀胱炎と似た症状で苦しみましたが

今は,とりあえず体は元気です。


ただ・・・・・・

心は正直なものです。

病気の前から抱えていたこと

病気をしてから抱えてしまったこと

これから先のこと

自分でも気付かない内に満タンになっていたようで

かなり驚くような事も起きてしまいました。。。

今は落ち着きつつありますが・・・・・。

愚痴・悩みを親身に聞いてくれた友達に,本当に感謝しています。



そして迎えた43歳1ヶ月と5日。

私は函館にいました。




画像





画像





はるばる海を渡っていったのには

他にメインイベントが控えていたからですが

それは余力がある時,後日に(笑)




自分にとって節目の日に,美しい夜景と温泉で

心の洗濯ができたことは偶然ではないと思っています。

今回は命の期限を告げられる程度ではありませんでしたが

再発の心配はあります。

しかも確率は高いと言われています。

父の年齢プラスどれくらい生きられるかな?

せめて俊作を見送るまで・・・15年

それに母より先になんて親不孝はできないしね。


手術の10日後,母方の祖父母の法要がありました。

「お迎えは年の順でお願いします。」と

お願いしたのは言うまでもありません(笑)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
まず、お父様の命日に合掌。
私も父(42才)を亡くしています。亡くなった時の年齢を意識する気持ち、分かる気がします。

ブログを見てとても驚いています!!
今年は怪我に病気に大変な一年でしたね。身体が弱ると気持ちも堕ちてしまうので、さぞ悩まし気な日々を過ごしたことでしょう。今年もあとわずか。お祓いもしたようですし、来年は元気いっぱいの年になるといいですね!!まずはあまり無理せずお大事に。
Tママ
2010/12/23 08:50
Tママさん

お久しぶりです。
驚かせてしまってごめんなさい。
それにTママさんのお父様も40代で亡くなられていたんですね。
父の命日は4月で↑の年齢でした。何となく意識しちゃって。意識しすぎて病気を呼んじゃったかな(苦笑)

命を脅かされるような病気をすると恐怖心が強くて、気持ちは浮いたり沈んだり。ちょっとした事でシャッターを降ろしたくなる時もあります。これは時間薬が一番なのでしょう。たぶん。
落ち着いたら会いたいです
アップルミント
2010/12/24 23:42
しばらくブログの更新がなかったので、何かあったのか心配していました。
今日ブログを見て大変驚いています。
再発を絶対させないように先生の言う事を良く聞いて、万全な予防をしてください。
全快を心より願っています。

アイベル
2010/12/26 17:51
アイベルのお父さんお母さん

ご心配をおかけしてすみません。
体は回復したんですが,心の方が何だか沈んでしまって・・・ご連絡もせずにごめんなさい。
でも!大切な扶養家族のために,生きなくちゃいけないし,彼らが支えになってます。
俊作を迎えて本当に良かった。
体は大きくなりましたが(汗)まだまだお子ちゃまの俊作に毎日癒されてます。

温かいメッセージに,思わず涙が出てしまいました。
ありがとうございます。頑張ります
アップルミント
2010/12/27 00:46
本当に大変でしたね。
心も体も早く気持ちのいい状態に戻れるといいですね。
タオパパ
2010/12/27 06:01
タオタオパパさん

なんだか今年は変な1年でした
膝の手術後の休養だけでは足りなかったのでしょうか???
何となく心の方が本調子ではない感じなんですが,新年を迎える時に良い切替ができるといいなぁと思っています。
いろいろ,ご心配をおかけしてすみません。
タオタオパパさんも,お体に気を付けて良いお年をお迎えくださいね。
アップルミント
2010/12/28 00:13
アップルちゃんこの前は電話をありがとう。
電話では元気そうに話してくれたけど、やっぱり色々悩んでいたのですね。
胸が熱くなってしまいました。私の場合も自分ではそんなにショックを受けていないつもりでも不眠が続き体調が思わしくありません。きっと旦那様も同じだと思います。幸い早期に発見できたのですから再発の心配より今ある大切な時間を無駄にしないようにしましょうね。親しいお友達にどんどん愚痴や悩みを聞いてもらって楽になりましょう。
俊作ちゃんの無邪気な写真に笑ってしまいました。俊ちゃん来てくれてホントによかったね!!
マールママ
2010/12/28 21:42
マールママさん

この前は突然電話してしまってすみません。でもお声が聞けて嬉しかったです。
私も最初は「助かった」という思いが強くて元気だと勘違いしていたんですが,どうも心は着いてきていない事に気付きました。
今年は2回手術して,体の回復より心の回復は遅いのだと思い知らされました。自分が体験しなければ気づけなかったことです。
貴重な経験をした1年でした。
マールママさんも,ご心配は尽きないと思いますが,お二人ともお体を大切になさってくださいね。

俊作,可愛いでしょ?本当に可愛いんですよ〜無邪気な姿に毎日毎日癒してもらってます
アップルミント
2010/12/29 23:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ご無沙汰しておりますm(__)m Days with Lovely dogs/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる