Days with Lovely dogs

アクセスカウンタ

zoom RSS いろ〜んな事があった1ヶ月

<<   作成日時 : 2006/07/08 00:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

約1ヶ月ぶりの更新。二男のこと,学校のこと,自分のこと,家族のこと・・・そうそう,福島でのサクランボ狩りオフもありました。

二男のこと・・・発達障害を持つ●君に首を絞められたことで心的外傷を負い,不登校になった。夜に何度も目が覚める,大きな音や視界の外側から急に人が現れるたりすると異常な驚き方をする等の精神症状。学校に行かなければならないのに行けないという葛藤を繰り返し,不安感に襲われていた。いまだに精神的に不安定な状態が続いていて,まったく学校に行かなくなってから1ヶ月半が過ぎた。おまけにカウンセリングと通院を続ける内に,彼自身の自閉的傾向を指摘された。小さい頃から薄々は感じていた。ワガママなのか障害なのか分からないままに約10年が過ぎた。カウンセラーのH先生に勧められ,県特殊教育センターで教育相談をすることになった。いずれ心理検査を受け,どのような傾向の障害があるのかがはっきりすることになる。

学校のこと・・・これは話にならん。校長も教頭もそろってヘッポコオヤジだ。二男も私たちもこんなに苦しんでいるのに,相手の親に対して踏み込んだ話は何一つしてくれない。もちろん謝罪もない。あっちの親は自分の子供の発達障害を十分理解していないし,無理に病院に行けと言おうものならトラブルになりかねない。困難なところには首を突っ込まず,とにかく二男さえ登校できるようになってくれれば全て良しという態度が見え見えだ。これが宮城の教育界の現実。なんていやらしい奴らだ。失望なんてもんじゃねーよ。反吐が出る。オエッ<<o(>-<)o>>

自分のこと・・・精神的に不安定な二男を,毎日家に1人置いて仕事を続けるのに限界を感じた。悩みに悩んだ末,無給の休暇を取ることにした。仕事を途中で投げ出すことに対する罪悪感,休むことで迷惑をかけてしまう同僚には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。休むからには,できるだけ仕事を残さないようにと残業をした。心身共に疲れ切って休暇に入った。その日は朝から涙が止まらなかった。二男のことと仕事への不安,学校と相手の親への怒りが押し寄せ,泣きたくないのに泣けて泣けて仕方がなかった。不安定な二男と向き合うために休んだのに自分の方がよっぽど不安定な状態に陥ってしまった。たまたま,友達のチーママさんの紹介で,お昼近くに町の心理カウンセラーさんと面談をすることになっていた。暗い気持ちで相談室に入り,時に涙を流しながら今までのことを話した。いろいろなアドバイスを受けた後,「ところであなたは大丈夫なの?相談できる人はいるの?」と聞かれた。カウンセラーさんに話すだけ話し,だいぶ楽になったこともあり「はい大丈夫です」と答え相談室を後にした。その日は相当に煮詰まっていたが,幸せなことに私には相談できる人達が身近にいる。その人達の励ましや支えがあってこそ,今こうして普通の生活を送っていられるのだ。

家族のこと・・・相変わらず父ちゃんとの意見の相違は続いている。当初よりはだいぶ良くなったが,いい加減に軽い考えはやめにしてほしい。彼から出されたある提案には,私は大反対だったし,カウンセラーのH先生にも急ぐべきではないと釘を刺された。それでも引かないからね・・・あの男は。家中が二男中心に回り始め,長男に目も手もあまりかけられなくなった。自分の事を積極的に外に発信するタイプではないので,どんな思いでいるのか分からないが,穏やかではないだろうな・・・。ごめんねポヨヨン。

今回の二男の事は,私が親になって最大の不幸だったが,多くの人に支えられている事を実感できたのは幸せなことであった。泣き言は友人が聞いてくれ,時には飲み会で発散もできる。二男の新たな障害に対しては,カウンセラーのH先生のおかげで,専門の先生に診察していただくことができ,特殊教育センターと学校が連携できるよう橋渡しもしてくださった。逆に障害がはっきりしているのに,親の無理解などで必要なケアが受けられない●君は可哀想だな〜と思ってしまう私はお人好しか・・・?

サクランボ狩りオフは,また次回に・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
アップミントさん
お久しぶりです。多忙な毎日を過ぎ去れていたのですね・・・体を壊さないように祈ってます。
hama
2006/07/08 23:40
ちょくちょく読み逃げさせてもらっていました。f^_^;
ウチの職場にも●君のような子が去年配属されました。ちょっと症状は異なるとは思いますが、まわりの人間は随分苦労しました。1年教育を行う中でおかしな発言が多く、最近やっと上司、人事の理解も得られ産業医とのカウンセリングも開始されました。認めたくない面はあるのでしょうが、やはり両親の理解は得られていません。来週会社として親(父親は同じ会社に勤務)に話をすることになりました。
いつも苦労するのは何かをする方ではなく、される方なんですよね!冷たい言い方かもしれませんが、まわり(二男君)が何かをするのでははく、問題を起こしている当事者(●君)1人を何とかした方が早いし、その他の人にとってもいいと思います。
お体を壊さないよう頑張って下さい。
いつまつ
2006/07/09 00:39
お久しぶりです。
アップルちゃん、今回のことは不幸ではないですよ。
逆です。こういう経験をさせてもらっていることに感謝です。誰にでもはできない経験なのです。そう思ってください。
障害と言う言葉は簡単に使えますが、頻繁に使って欲しくない言葉でもあります。
気持ちを落ちつかせて見る方向を角度を変えてみてください。
でも、まだ小学生ですよね。う〜〜〜ん。
厳しい言い方かもしれませんが、持ってみないとわからない経験と思ってお聞き流しください。
私もあの頃は近くに臨床心理の先生がおられたので(私にはただのお友達ですが)私にも理解できるような本を何冊かお借りして調べました。
が、理系の私には全く理解不能。
まあ、ところどころ役に立つことはありましたが。
ご主人はこういう時、ダメでしょう?
うちも全くノータッチです。夫婦喧嘩によくなりました。それがまた子供にはいけないんですよ。後になってわかることですが。
頑張って、遠くから応援してるから。
ロンロン
2006/07/09 06:38
hamaさん,お久しぶりです。

いや〜人生いつどこで何があるか分かりませんね。親って精神的にかなりタフじゃないとやっていけないと,つくづく感じました。

まずは二男の精神面が落ち着くまで,そばにいたいと思います。そして自分から「学校に行きたい」と言う日を待ちたいと思います。

私は・・・楽しく飲める仲間と夜の街に繰り出して発散します(^^;;) エヘヘ・・

とりあえず元気です♪ご心配いただいてほんとうにありがとう!!
アップルミント
2006/07/09 23:40
いつまつさん,ようこそお出でくださいました。
読み逃げOK牧場でごじゃりますよ。ありがとうございます♪

今回の●君の場合は適切な治療と支援があれば絶対に良くなるケースなのに,理解しない親と踏み込めない学校にイライラの毎日でした。
おまけに,●君は父親の転勤で急に今週転校することになり,結局向こうの親からは何の一言もなしにサヨナラになりそうです。かなり腹立たしいですが,常識にない人々だと思って笑い飛ばすしかないのかな・・・。

同僚さん,お父さんも同じ会社ですか?!なら尚更,現実を見てほしいですよね。親であればこそ性格なのか病気なのか,しっかりと見極めてほしいものです。
そちらも,是非良い方向に進みますように。

また遊びにいらしてくださいね♪

アップルミント
2006/07/09 23:53
ロンロンさん,本当にいろいろとありがとうございます。

今日は電話でお話ができたことで,精神的にすごく楽になったし,冷静に息子と向き合おうという気持ちにもなれました。親が周りが見えなくなったのでは,どうしようもないですものね。

父親とは・・・う〜〜ん,やはりそうなのでしょうか。いつもズレている夫婦ですが,今回もさらにズレて,何度も地震・雷・涙の洪水が起きました。
でもロンロン家もそうだったんだ〜と安心している私は単純???

これからもご心配をおかけすることと思いましが・・・私が暴走して脱線しそうな気配があったら,またお声を聞かせてください。よろしくお願いします♪
アップルミント
2006/07/10 00:19
アップルちゃん・・私はそう言った事は解らないけど愚痴ならいつでも聞くぞ!
父ちゃんに頭に来たとき、誰かとくだらない話をしたくなった時は電話くれっっ!

次男君・・サクランボの時家の2、3号と
とっても楽しそうだったよ。
凄くいい笑顔の写真があるの(メールで送ろうと思いつつ・・・^^;)
学校でもそんな笑顔が戻るといいね。

宮城と東京。
離れているけどいつでも応援してるよ!
ガンバレ
ま〜さ
2006/07/10 12:10
初めてコメントさせていただきます。
我が家にもはなさくチャンと同じシェルティがいますのでたびたび読ませていただいていました。我が家の娘のクラスにも発達障害を持つお子さんがいます。娘も1年生のとき(現在3年)はその子に叩かれたりハサミを投げられたりして学校に行きたくないと泣いていました。
学校には、その子の他にももう一人同じような子がいてたまたま自宅が近いこともありその子にも学校の帰り道、傘で殴られたり、道路に突き飛ばされたりと本当に悩み続けたときがありました。その時は、実母の介護、娘のアトピーと色々な問題を抱えていたこともあり、今のアップルミントさん同様、私自身が精神的に参ってしまい何でもないときに涙が出てきたりしていましたが、幸いなことに私の周りにも力になってくれる仲間がいました。今は辛いと思いますが、いつかきっと笑顔で話せるときがくると思います。何もできませんが、陰ながら応援していますので、負けないでくださいね。
ミント!ママ
URL
2006/07/10 13:00
ま〜ささん,サンキュ♪

今日もね〜よっぽど電話して,ま〜さ節を聞かせてもらおうかって思ってたんだ。
相手の親ったら,転勤を口実に逃げるように引っ越すのね。そりゃあ自分たちは出てしまえば今までのゴタゴタからは解放されるだろうけど,こっちはまだまだ大変なことが続くじゃない?第一,謝罪の1つもなしに出ていくなんて,どーゆー事?ケジメが必要でしょケジメが!!

学校は学校で,あっちのお母さんは悩んでいるんです,小さい子供もいて・・・ってさー,じゃあ,私はどうでもいいのかい(激怒)
ま〜さ節を聞いて,その勢いで怒鳴り込んでやろうかと思ったよ凸(´口`メ) ウラァ〜

一応,担任を通して謝罪を申し入れることにしたけど,非常識人間にどこまで通じるかね・・・。

でも,こうやって応援してくれてるみんなのおかげで,元気だよ♪
二男もゆっくりゆっくり充電中。次に会う時には,とびっきりの笑顔だよ絶対!!
アップルミント
2006/07/10 23:20
ミント!ママさん,ようこそお出でくださいました。シルクさんの所からお嫁に行ったミントちゃんのママさんですよね?よろしくお願いしま〜す♪

ところで,娘さんもずいぶんとひどい目に遭っていたんですね。当時のミント!ママさんの心痛・・・よーっく分かります。
発達障害を持っている子には,まず親と学校の十分な理解と適切な支援が必要です。でも,今回のことで,少なくても我が子が通う学校の先生方は,素人の私が言うのも何ですが特別支援に関しての理解や知識が浅いと感じました。毎日ふざけんなーーーと心の中で叫んでました。
挙げ句の果てに加害者側の「逃げるが勝ち」でジ・エンドにされそうで,ますます切ない思いでいっぱいです。

でも相手がどうこうより,今の私には二男の心の回復をそばにいて見守り,笑顔で教室に戻すという使命(大袈裟!!)があります。毎日心は揺れ動きますが,こうして沢山の方の応援していただいているんですから,前向きに前向きに行きたいと思います。

落ち着いたら,はなさくの日記もアップしていきますので,また遊びにいらしてくださいね♪
アップルミント
2006/07/10 23:45
アップルミントちゃ〜ん。
次男君とのIN福島はとっても楽しかったよ♪
そういった事を抱えてるなんて全然感じない程の笑顔が脳裏にやきついてます。

今はいろいろ辛い思い思いなどしてるけど、長い人生から見たら一部分であり、経過地点だと思うの。アップルちゃんも二男君もずっと後になったら笑って思い出話が出来る日が来るよキット。
その子の転校がきっかけでいい方向に進むといいね。

試練を乗り越えるのだ〜〜!!
応援してるぞ〜〜!!
モカ
2006/07/11 09:52
昨日は長々と失礼しました。
また、遊びに来ていただいてありがとうございました。
そうです。娘のたっての希望でシルクさんのところからミントをお嫁にいただいたものです。
遅くなりましたが、よろしくお願いします。
私のほうにもリンクさせていただきました。また遊びに来させてもらいますね。

ミント!ママ
2006/07/11 12:11
モカさん,こんばんは〜。

福島オフは,二男にとっても良い気分転換になったし,何よりたくさんのワンコに囲まれて嬉しかったと思うわぁ♪ラルフ君とは家族??って思うくらい仲良くなれたしね(^_-)-☆

確かにね〜いまいまで考えればドン詰まりだけど,長い目で見れば人生80年の内のたった数ヶ月だものね。我が子とのよりよい関係を築くための貴重な時間だと思って頑張るわ!!

黙って出ていこうとする非常識な親なんて,もう無視ざます(▼▼メ)

あ〜〜こうやって応援してもらえる私は本当に幸せ*^_^*
二男が元の笑顔を取り戻すまで頑張るわ!!
アップルミント
2006/07/11 22:45
ミント!ママさん,リンク了解してくださってありがとうごじゃまーす♪
私もさっそく貼らせていただきますね。

ミントちゃんの成長日記,楽しみにしてま〜す。
アップルミント
2006/07/11 22:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
いろ〜んな事があった1ヶ月 Days with Lovely dogs/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる