Days with Lovely dogs

アクセスカウンタ

zoom RSS 冠婚葬祭の「普通」って?

<<   作成日時 : 2007/03/17 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

横浜の次兄は,義母が亡くなった24日の夕方に宮城に到着した。
すでに朝の内に葬儀までの段取りは済んでいたのだが・・・・・関東に長年住んでいた兄にとって,田舎の慣習は受け入れがたいものだったらしい。

出棺・火葬は葬儀の前。
本通夜は,基本的には親族のみで親族以外は葬儀に参列できない人が訪れる。
すなわち,葬儀は親族以外の人がたくさん参列する。
葬儀後の法要は,親族のみならず仕事関係や近所・知人も招待し一緒に供養してもらう。

以上の何もかもが,いわゆる関東方式とは全く逆だったようで,兄は受け入れられなかったようだ。

遺体のままで葬儀・告別を行うのが「普通」なのだから,遺骨になってしまったのでは,もやは告別ではない。
「関東では」一般の人はお通夜に参列するのが「普通」で,葬儀に他人が参列するなど考えられない。
法要は親族が故人を偲ぶのであって,他人を招待し一緒に会食するなんて「普通じゃない」

・・・などなど,宮城にいた3日の間,ずーーーーーっと「普通じゃない」を連発していた。まぁ兄とすれば自分の納得する形で母親を送りたかったのだろうし気持ちはよく分かるが,ここは横浜ではない。
この田舎ならではの慣習もあるし,その中で義母も嫁いでから60年あまりを生きてきた。
こう言っては何だが,私の実家はもっと田舎だから,仏事といったら親族と隣近所が集まり,それはそれは面倒であった。それに比べたら,この地域はずいぶんと簡素化されているように思う。
冠婚葬祭には「普通」は存在しないと思う。良しも悪しきも土地なりの「慣習」がある。いくらおかしいと言ったり思ったりしても,それを受け入れなくてはならないのだ。
言っちゃ悪いが,さっさとこの土地を離れ親の面倒を末っ子三男である父ちゃんと義姉に任せてきた兄に,この土地の慣習をとやかく言われたくない。ここでは「それでいいのだ!」

一日目は黙って聞いた。
二日目はたいぶイライラ来た。
二日目の夜には,堪忍袋の緒が切れた。




























うるせーーーーーんだよっっっっっ(`‐´≠)凸







喉元まで出かかった言葉を必死で飲み込んだ。

そして長兄は「仕事」を理由に翌日こちらに到着した。
自営だから忙しいのは分かる。しかし社長だろうが使われる身であろうが,仕事をしていれば,それなりの責任が伴う。しかし,父ちゃんも義姉も私も,親をしっかりと送らなければいけないと思うから,片目をつむって仕事を休んでいるのだ。
次兄は永年勤めた役所を定年前に退職し,今は長兄の会社の経理を担当しているらしい。ちょうど月末にさしかかったため社員の給料の支払いやらなんだと忙しいらしかった。
上記のような「おかしい」を3日間言い続けた上,「月末だから」を繰り返し,葬儀・納骨を終えた途端,長兄と次兄は当たり前の顔をしてさっさと横浜に帰りやがった。

口と金なら他人でも出せる。大事なのは親が安らかに成仏できるよう祈る気持ちではないのか?さんざんかき回した挙げ句さっさと帰り,金さえ出せばいいと言う姿勢に,私は大きな憤りを感じる。余計なお金は出してもらわなくていい。四十九日までの当たり日や,月命日に花のひとつでも送ってもらえた方が,どんなにか有り難いか・・・。しかし兄たちは私たちより余計にお金を負担した事で満足しているのだろう。
親を供養するってお金より気持ちだと思うけどね・・・。

私は義母が嫌いだった。生きている内はどうしても打ち解ける事は出来なかった。
しかし,あの世に旅立ち,位牌とお墓を預かる身となった今は,生前に何もしなかった分,私が生きている間はきちんと位牌とお墓を守ろうという思いでいる。
義母が亡くなってからというもの,私はよく位牌の前で話しかける。5年前に亡くなった義父にも。生前は離婚して別々の生活をしていた2人だが,今はあの世で仲良く暮らしている事だろう。

寂しく思う事もある。
納骨の日,義母の親戚筋の人が「あんだもここに入るんだよ。」と言った。
実家の母は「実家のお墓より,婚家のお墓を大事にしなさい。」と言う。
なんだか,実家とはすっかり他人になってしまったようで,すごく寂しい。

結婚とは・・・実家を捨て婚家の墓を守る事なのだと,15年経った今になって分かった私なのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うん、冠婚葬祭の習慣って色々だよね。
私も隣の市から嫁いだだけなのに、葬儀と出棺が逆で驚いた・・・・
今は、慣れたけどね。
男兄弟も大変だね(^_^;)
うちは、義姉3の末っ子・・・
どうなるやらだ!

いくら折り合いの悪いっていうか、馴染めない義親でも亡くなれば懐かしく思えるのかな〜
嫌な事言われたり(身内の事)・・・気を使ったりしてもらった覚え(私が具合が悪くても)が今までに無いから、きっと私は、病気になっても優しくは、出来ないかも。
イヤな奴になってるよ。
こんなイヤな子じゃ自分は無かった・・・と思うと今の生活から消えたくなる事も何度かあった。
私も変わるのかな・・・
papymama
2007/03/18 09:30
papymamaちゃん,そうなのよ〜仕方ないよねー昔からそうなんだからさ。
静岡でもお隣なのに違うんだね。確かに慣れるまで違和感たっぷりだわさ。

うちはね,三男が喪主だったでしょ。兄は兄で任せると決めたんだからと言う遠慮があるし,(でもうるさかったけど)三男もひとりで決めるには,やっぱり遠慮があって,端から見てて面倒だったよ。姉には「喪主なんだから自分で決めて良いんだよ」と言われて「そんな事言わないで〜」なんて情けない事言ってるし,何だかね・・・。

papy家も上に女3人か〜。何かあったら男よりうるさそうだね。

私もさー婆の生前は嫌で嫌で仕方がなかったから,「私ってこんなにワガママで性格悪かった?」って思って凹んだよ。あっちは私が悩んでいるのも知らず好きな事言ってたから余計にアタマにきたりして。
婆には何もしてもらってないから義理も恩もないけど,実家の母が父の位牌と仏壇をすごく大事にしていたから,私も自然にそうできてるんだよね。
ダンナには「母と私に感謝しろよ」と言いたいね!!
アップルミント
2007/03/18 20:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
冠婚葬祭の「普通」って? Days with Lovely dogs/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる